グランスクール > コラム > 小学校の勉強で大切なこと

小学校の勉強で大切なこと

2018年1月14日

カテゴリ

小学校での勉強での大切なこと


小学校の間に

・知的好奇心
・勉強に対する態度

を培っておくことが大切です。

大学受験の指導をしているときでも思うことですが、成績が伸びやすい生徒は、話を聞くと、勉強が好きというわけでなかったとしても、ある程度の知的好奇心を持っている生徒が多いです。
また、毎日勉強をしているわけでないにしても、次の日にテストがあるから、その確認をするなど、勉強に対して前向きに取り組む経験がある生徒が多いような気がします。



小学校のときに勉強が嫌いになってしまうと、中学校以降でも勉強に前向きになるのは中々難しく、伸びない要因になってしまいます。
しかし、自分の知的好奇心を満たすために手に入れたものは、その後も生き続けます。

いろいろなものに興味が出て、知的好奇心が芽生えるのに一番重要なのは、小学生のときです。
このときの学習をいかに行うか?がこれから先の学力を支える基礎に関わってきます。


また、勉強が嫌いということで、ずっと勉強をしないのが当たり前になってしまうと、中学校のときに定期テスト前に勉強すらしなくなっていまいます。
そういった態度を直していくのは、中々骨の折れる作業で、受験が近づく前に、来るべき時が来たら勉強に向かうという態度を作っていくことが重要になります。


小学校時代は、遊ぶことも仕事の一つで、勉強以外の色々な活動をして、見聞を広めることがとても大切ですが、それでも、ある程度の勉強の能力を培っておくことも必要です。




 

お問い合わせはこちら

0568-44-2582

平日:11:00~22:00
土日:10:00~22:00